借金の完済への流れ

なぜ借金ということが発生するかというと、今現在自分の資産の身の丈をこえてしまうから入ってくる収入と支出から借金の完済できる金額ならば問題ないのですが。

 

住宅や車のローンならば収入を見合った支出で人生設計を狂わすことなく組める借金であるといえます。ギャンブルや買い物など依存性の高いもので借金が発生した時は借金地獄完済人生設計もくるってしまうものです。

 

前者と後者の違いは瞬発的に欲という熱に侵されるからです。
依存性の高いもので借金の完済をした場合はローンという計画的な借金ではなく自分が思うより深く長いことになります
ギャンブルだともう少しやれば取り返せる。それで返そう。買い物の場合買ったものを売ってまた返せばいい。等と自転車操業になりやすいからであるそのうちどこからも借りれなくなると。友人,同僚などに借金を申込んだり、利息の高い業者に足を運ぶようになる

 

一時的な熱で借り入れた借金は自分も周りにも迷惑をかける。
必ず完済しましょう。

 

リスくばかり話してますが長期的なビジョンで借り入れた完済ローンは身を豊かにすることもあります
家だったり車だったり旅行だったり洋服だったりそれは返済が滞ることなく、計画的に返済でき完済すれば資産の財産だったり記憶の財産

 

つまり借金を発生する時点で返済の過程が借金のリスクになるのか。財産という形に変えられるのか。
生き方が問われるのだと思います。
ここらへんの整理が借金地獄ブログを書いている時にたりないのではと思ってしまいます。