昔、いっしょに働いていた仕事仲間がいました。彼は子供も三人いて、栃木県の方にローンで家を購入し、そこから毎日新宿まで通勤していたのです。仕事も真面目でよく働いていました。仕事面では申し分のない人間なのです。

 

ただ、一つだけ欠点がありました。それは彼がどうしようもないギャンブラーだったことです。競馬や競艇、それにパチンコやパチスロまでやります。仕事帰りに新宿のお店に立ち寄り、毎晩、パチンコを欠かさなかったのです。

 

これですからお金が続くわけがありません。彼の収入は微々たるものでしたから。いつしか彼は消費者金融からお金を借り、それが払えずに、借金は膨れ上がる一方でした。それは端から見ていても怖くなるくらいです。

 

私は途中で転職をしてしまったので、その後の彼のことは知りませんが、おおよその予測はつきます。おそらく円満には生活できなくなったのではないでしょうか。

 

確かに今、消費者金融はかなりイメージが良くなってきています。法の改正も手伝ってか、昔のように怖い印象は見あたりません。でも、借金はあくまでも借金です。

 

計画的にお金を借りることができる人は借金地獄にならず、何の問題も起こらないのですが、そうでない人は借りるべきではないです。本当にそう思います。